読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイペースなプログラミング日記

x86エミュレータやFPGA、WebGLにお熱なd-kamiがマイペースに書くブログ

オリジナル楽曲『夢の扉』の歌詞について

今更だけど私が作った『夢の扉』について考える。作詞作曲は私、アレンジ、動画はカオルさん、イラストはマスもふさんで作った動画であり、その中で流れる曲である。いきなりd-kami進行から入り、明るい感じで進んでいく曲なんだけど、結構歌詞は切ない。


最初のサビの
待ち遠しい 楽しい夢
私の胸弾んでいる

の部分はただ夢を楽しみにしてる女の子でしかないが

今夜はパーティー 私だけの
世界が今広がりゆく

が若干切ない感じ。2番まで聞くとわかるが、現実逃避な感じの歌詞なので、楽しい雰囲気なようで、自分しかいない夢の世界に寂しさを今頃私は感じた。自分のためだけに開かれたパーティー、広がりゆく楽しい世界。でも現実じゃないし、結局自分は一人。夢の世界ではいろんな登場人物がいるのかもしれないが...

 

1番Aメロは現実世界の話

この世界がつまらなくて
何かが起こる起こってよ 楽しいこと
ありきたりの この日常

ゲームのような 世界たち見てみたいな

1番はただ現実世界に飽きただけにしか見えない感じなので特に暗さや切なさは感じない。てか自分で作った世界だろって突っ込みは無しで。続いて1番Bメロ

明日も退屈な日になりそう
夜には楽しい夢が見たいな

1番Aメロに続き現実世界に飽き飽きという女の子。コード進行の話になるけど、サビの手前でCメジャーキーながら突然コードがAメジャーになり浮遊感が何かの始まりを予感させてる感じ。続いて1番サビ

夢の中の主人公で 駆け回ろう
冒険に行く
ファンタジーな世界を進む
前の扉開いた先に

ここでもまだ現実への嫌気はでてない。ただ夢が楽しいなぐらいにしか見えない。2番に入ると?

今だけの 楽しい時間
忘れた時間 終焉の鐘が響く

夢の世界も終わってしまい…


時計の針 遅刻のとき
今日もまた遅れ 怒られて 鬱な気分

鬱な現実の世界に戻される…と。2番Bメロは…

悲しみ我慢が続く日常
こんなの消し去りたい何もかも

もう悲しみや我慢ばかりで嫌だって感じです。みんな消えてしまえばいいのに

今日もまた夢の世界
すべての物 はじけ飛んでく
町を歩く 洞窟進む
世界が今変わろうとして

夜になったらまた夢の世界へ…すべてのシガラミは消え自由な世界へ…
ファンタジーな世界で歩き回り、洞窟を進み世界は楽しい方向へ?

あー、これじゃダメだ
現実を変えなくちゃ
今こそが自分自身を変えるときで

でも、結局現実逃避をしてるだけの自分に気付き、自分を変えたいと決意します。

もう お別れで さよなら夢
今度こそは新しくなる

現実逃避との決別。今までとは違う自分になるんだ!って感じです。

強い自分目指して進む
もう何もかも怖くないはず

強くなって現実逃避に頼らない自分。もう何もこわくない…はず!さてこれからどうなるか…まぁ、希望はありますね

まぁ、30分程度で書いた歌詞なんでいろいろおかしいかもしれないけど!ストーリーはあるんですよ!