マイペースなプログラミング日記

DTMやプログラミングにお熱なd-kamiがマイペースに書くブログ

去年作った曲を雑に紹介していく その4(この世界の主人公になる!編)

このエントリーについて

去年作ったVOCALOID™楽曲*1を雑に紹介するエントリです。それなりに頑張ってます

なんとなく曲の概要

『紲星あかり』向けに作った曲でなんとなく明るいイメージの曲を作りました。一応、キャラクターごとにイラストや声から設定などを自分で決めていますが、『紲星あかり』のイラストや声から夢の世界に行ってそうなふわふわしたイメージがあるので、そんな雰囲気の曲を作りました。夢の世界でいろいろやっているけど、達成できない何かがあるようなイメージで切なさをだしています

www.ah-soft.com

曲の展開的な話(難しい話が含まれているため読み飛ばし推奨)

おそらく最初から『d-kami節』(と一部の人達がよんでいる半音の動き)がでていますが、全体的には無難な構成がします。サビの後半で半音の動きを狙い続けた雰囲気があるので結構切ない。『d-kami節』と言われても私にはなんのことだかよくわかりませんけどね

 

 

 

歌詞について

最初から直球な夢の中の話です。夢の中の世界は日本のファンタジー系RPGであるような世界をイメージしています。サビの後半の切なくなる展開(動画の51秒あたりから)で「この夢が終わる 朝が来てしまう」と切ない歌詞にできたのはよかった。とにかく楽しい夢の中と終わってしまう夢の切なさ、そしてまた次があるという繰り返しな生活を表現しました

 

piapro.jp

イラストについて

毎回描いていますがマスもふが描いてくれた『紲星あかり』です。今回は3枚のイラストを描いて頂きやばい。毎回素敵なイラストを描いてくれていることに感謝しかない。以前鬼発注をしてしまっているのでちゃんと依頼できるように頑張って行きたい

 

動画素材について

今まで動画素材について書いていなかったのですがニコニコモンズにアップされた素材を使わせていただいています。

commons.nicovideo.jp

commons.nicovideo.jp

commons.nicovideo.jp

*1:「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。
VOCALOID and VOCALO are trademarks of Yamaha Corporation.

去年作った曲を雑に紹介していく その3(君だけのストーリー編)

このエントリーについて

去年作ったVOCALOID™楽曲*1を雑に紹介するエントリですが、まさか『その3』まで作るとは数日前の私は想像もしてないのでした。『頑張れ作曲、負けるなコピック』と昔、お笑いコンビの『タイムマシーン3号』がでてくるときに言っていたフレーズを改変しながら頑張ります。『タイムマシーン3号』は学校の引き籠りネタのときに「いつまで父さんを閉じ込めておくつもりだ!」とか「みんながお前の授業を聞きたがっているぞ!」というのが印象に残っています。あと相方の下手な劇練習みたいなので、兵士の掛け声や伝説の木の話は…とこれは『タイムマシーン3号』の紹介エントリではないのだよ…

www.ohtapro.co.jp

なんとなく曲の概要

5回連続で参加しているRanaコンピCD企画の第5回Ranaコンピで採用された楽曲です。『君だけのストーリー』というタイトルはボカロPが作る曲や歌詞に対するタイトルで誰が何と言おうと自分だけのストーリーを作り上げていこうという曲です。いろいろ即売会とかで「ボカロ曲っぽくない」と言われるボカロ曲の話を聞いたりするので、自分のストーリーを作り上げることがボカロ曲なんじゃないかなーという私の考えです。

曲の展開的な話(難しい話が含まれているため読み飛ばし推奨)

全体的に普通の構成というか私が好きなちょっとズレたような音程はほぼでてきません、2番のあとの間奏を除いては…。2番のあとの間奏のピアノのフレーズはアドリブ的なもので私もよくわからないし、説明はできるけど何故そんな展開になるかは不明です。何よりも私があまり使わないdimが結構でてくる上に、Bbdim Abdimとdimが続くなど自分でもよくわからないですね。前半はコードがC Dと来て後半は似たようなフレーズだけど転調が2回行われたあとなのでD Eと変化している。キーがG→D→A→E→Bと変化しているイメージだがやはり自分でもよくわからない

歌詞について

曲を聴いた人が「ボカロ曲らしくない」と言っても、ボカロ曲らしいだとかキャラクターのイメージなどは人それぞれだし、自分のイメージした世界を信じて歌詞にすればいいんじゃないかなという内容です。全員が同じような曲を作る必要も無いしボカロPは人数的には沢山いるわけだし人それぞれです

イラストについて

毎回描いていますがマスもふが描いてくれた素敵なイラストです。いつもイラスト依頼して良かったと感じるイラストが来るので満足だし、イラストの素敵さに負けない曲を作れるように頑張りたい

www.youtube.com

*1:「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。
VOCALOID and VOCALO are trademarks of Yamaha Corporation.

去年作った曲を雑に紹介していく その2

このエントリーについて

去年作ったVOCALOID™楽曲*1を雑に紹介してくエントリーです。なんとか続きは作れました!

なんとなく曲の概要

前回紹介した『Region Connector』に続いて紹介するのは『幽雪霞桜』ですね、はい。読み方は『ゆうせつかすみざくら』です。マスもふさんの非公式初音ミク亜種的キャラクターの『桜雪ミク』をイメージして作った曲です。冬と春の間の曖昧な雰囲気を曲にだせたような気がします。『幽雪』は本来は『融雪』ですが文字から受ける印象が固い感じだったので後ろの『霞』とボヤけた印象を持たせるために『幽』という文字を使いました。幽かにと霞むであまりはっきりしていない感じです

曲の展開的な話(難しい話が含まれているため読み飛ばし推奨)

私はあまり使わないaugやm-5を結構目立つ感じで使ったので何とも言えない印象でもあるけど、イメージ通りでもあるしわりと満足。サビもコードの変化する場所が今までの自分の曲と違うけどうまくいっていると思ってる

歌詞について

何とも言えない歌詞で説明が難しいので省略!…するわけにもいかないけど、ある人物視点にも関わらず、その人物が誰なのかだとか相手は誰なのかとか何をしているかをほぼ描いていないため何もわからないと思います!頑張って自分の世界を想像してね!

イラストについて

言わずもがなですがマスもふさんの素敵なミクさんですね。衣装やカラーリングがオリジナルでも素敵なものは素敵です

www.youtube.com

*1:「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。
VOCALOID and VOCALO are trademarks of Yamaha Corporation.

去年作った曲を雑に紹介していく その1

このエントリーについて

去年作ったVOCALOID™楽曲*1を雑に紹介してくエントリーです。その1としたけど続きがあるかどうかは不明でいきなり最終回の可能性もあります。俺達の曲紹介はこれからだ!

なんとなく概要だとかなんとか

まずは『Region Connector』マジカルミライ曲公募で提出目的で作り、そして落選した曲です。おそらく私が初めて作ったシンセメインのアレンジの曲です。なんとなくシンセメインだとイントロはこんな感じだろうというノリで作ったけどイントロが一番シンセメインのアレンジっぽい雰囲気でそのあとはわりとシンセメインかどうかは怪しいポップスです。

曲の展開的な話(難しい話が含まれているため読み飛ばし推奨)

イントロの展開が作っている自分でわかっていなくてキーが不明ですが、Dメジャーキーから始まってFメジャーキーに転調したか最初からFメジャーキーのどちらかかなぁという印象です

AメロからBbメジャーキーになっていたりサビがDbメジャーキーだったりでわりと転調しているのと、ところどころノンダイアトニックコードなため攻めている展開と言われたりしますが、個人的には攻めているつもりはなかったりします

 謎の楽器構成

シンセメインの楽器構成になるはずがチェロとかアコギとかエレキベースだとかエレキギターとかわかりづらいけどピアノまで入れているのでカオスな構成な気がします。ベースはエレキベースとシンセベースを合わせて8つもトラックを使ってしまい、単純に音作りに失敗していた感が強いですが…まぁ頑張った

歌詞について

私の普段の作詞作曲においてテーマの決定はわりと最後の方ですがマジカルミライ向けということですでにテーマが決まっている状況でした。歌詞にある『ほら、この世界へようこそ』『歌を歌わせて 弾む音符達』『ほら 歩きだそう 笑おうよ 歌いだそう』あたりが私のイメージした曲の雰囲気です。特別な世界で初音ミクが語り掛けているようなイメージで作りました。

イラストについて

私がいつもイラストの依頼をしているマスもふに描いて頂きました。いつも素敵なイラストが来るので感謝しかない。かわいい、素敵、初音ミク

www.nicovideo.jp

*1:「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。
VOCALOID and VOCALO are trademarks of Yamaha Corporation.